• 日々のプレゼンテーションにおいて「講演でのルール」の充足度について考えてみる
  • 自分が好きなこと/好きだったことを「幸福感の三つのタイプ」上にマッピングしてみる
  • 他のテーブルについて思いを巡らせてみる